2010年11月12日

諦念は早い!悠々自適の生活をしよう。

定年を迎えるあなた!

定年を迎えるからといって今から諦念を抱いたらダメです!

第3の人生はこれからです。社会へでる準備期だった青少年時

代。社会の第一線に立ってばりばり働いた壮年時代。

終わってみれば早いものです。「ああ、おれも隠居か〜」と諦念

に似た思いを抱かれるのも無理ありません。ですが・・・。

退職金は期待した額を貰えますか? 悠々自適のご隠居生活はし

ばらくお預けにしておいた方がいいんじゃありませんか?

今、まだ少しは働ける。40年近く働いたあなたは経験とノ

ウハウを蓄積されています。それらを社会的に活かすべきです。

若い人とのコミュニケーションを積極的に求めましょう。

めのお は長編小説を連載中です → 「イカルスの墜落」 こちら

会社へ行く必要はなく、自宅で好きな時間に好きなだけやれる掛かり事を探しましょう。

今やっておけば、10年20年後に、年老いて、頭脳も身体も自

由が利かなくなった時にも、年金同様の収入が死ぬまで貰える。

「ああ、おれはやるべきことをすべてやった。あとは天命に任す

ばかりだ。」そうです。諦念とは死ぬ直前になって抱けば良いの

です。それまでは欲望を殺さず力一杯生きるべきです。

「こんな、年寄りになって出来る事なんかあるものか!」そう簡単に諦めな

いでください。

 私は66歳ですが、今その掛かり事と毎日楽しく取り組

んでいます。お陰で充実した人生を生きています!

健康で、はつらつとした定年後の人生を、今か

ら準備しておくべきです。

諦念を抱くどころでなく、生き生きと充実した毎日を送りなが

ら、若い頃やりたいと思っても色々な事情で出来なかった、も

うやれないと諦めかけていたことを全て実現し真の生甲斐を取り

戻しましょう。はつらつと充実した老後を実現させてくれる事

をあなたも始めませんか。

  長編小説を連載中です。 「イカルスの墜落」は→ こちら
【関連する記事】
posted by あがためのお at 07:51| Comment(12) | 熟年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

田舎の春

この冬は、長く寒かったので、春の到来がとりわけありがたく嬉しく感じました。

庭の片隅にはリンゴの老木があって毎年花を咲かせてくれますが、今年はいつもより咲くのが早いようでした。春を待ち焦がれていたのかもしれません。
              
s-pommierfleur-c.jpg

         

このリンゴは花だけで実がならない観賞用の木ですが、一昨年の3月に
植えた実のなるリンゴの木は今年花をつけましたので9月には収穫できるでしょう。

夜が暖かくなったためか、庭のどこかの隅の枯葉の溜まりの下に隠れていたハリネズミが二匹、台所のガラス戸の外に遊びに来ていました。

              
s-harinezumi-c.jpg


野菜の皮などを入れたゴミ箱に惹かれて来たのかも知れません。

とにかく、気候が暖かくなって、これから半年間、緑に囲まれた田舎の良さが味わえるので、気持ちも晴れ晴れしてきました。
posted by あがためのお at 21:13| Comment(28) | 熟年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。